ササヘルスの勉強会が開催されました

2019/09/13

今回の勉強会は疲労回復、食欲不振、口内炎や口臭予防などの効能をもつササヘルスについて教えていただきました。

 

ササヘルスはクマ笹を原料としており、特殊な製造方法により葉緑素や多糖体、リグニンなど、全ての栄養素を抽出しているので質の高いクマ笹エキスになっています。

 

特に葉緑素の抽出方法については特許を取得しており、他社にはない技術です。一般的には銅を使用した銅クロロフィリンが多く使用されていますが、ササヘルスはあえて扱いの難しい鉄を使用し、血液とほぼ同じ構造になっているのが特徴です。

 

昔から日本人は笹を使って食品を保存していたのは、経験的にクマ笹を使うと食品が腐りにくく殺菌作用があることを知っていたということが分かります。

 

ササヘルスはとても濃度が濃く、ろ過しても薄めてもほとんど色が変わらず、薄まりません。それはササヘルスが水溶性葉緑素である証です。

 

通常野菜に含まれる葉緑素は水に溶けない脂溶性であるため、どうしても吸収率が落ちてしまいます。それに加えて野菜などの細胞壁は固く、それを壊さないと栄養素は摂取できないのです。

 

野菜の1日摂取目安量350gはいかに大変か・・・緑の野菜を補いたい場合にもササヘルスはおすすめです。簡単に摂取できることから、なかなか新鮮な野菜を摂れない船乗りの方のサプリメントとして使われていた歴史があるそうです。

ササヘルスの効能効果から、ストレスによる口内炎などに作用する際の、粘膜修復や保護。、抗炎症、抗疲労も期待できます。

 

飲み方としては1回に2~3mlを1日3回となっていますが体質改善などで使いたい場合は「症状によって適宜増量」と記載されているところがササヘルスの特徴でもあります。必要な量を冷水やお茶、牛乳などに溶かすと飲みやすくなります。

 

ササヘルスは液状ですが、クマ笹抽出エキスを顆粒にした「SE-10」というものもあります。液剤はちょっと・・・という方にも抵抗なく飲んでいただけると思います。

 

ハシドラッグでは、キヨーレオピン、ササヘルスを健康維持に欠かせないものとして、おすすめしていこうとなりました。相乗効果によりそれぞれの効き目を高めてくれます。