ニュースリリース詳細

2015.10.14

シオノギBE錠・クイックロコ勉強会が開催されました

シオノギ製薬 勉強会について


8月26日 シオノギ製薬さんをお招きしてビタミン剤、生薬入りの痛み止めについての勉強会が行われました。

まずシオノギBE錠という肉体疲労や目の疲れ、肩こり等に効果を発揮するビタミン剤を紹介していただきました。こちらの特徴としてはまず吸収がよい、という事です。

配合されているビタミンの中でビタミンB1誘導体であるジセチアミンは、体内でビタミンB1となり組織移行が高い事が確認されています。必要な場所に素早く入り、持続時間も長い事から効率よく効果を発揮します。
そしてジセチアミンと相性の良いアスパラギン酸も配合しており、その併用効果により体や筋肉を疲れにくいものにしてくれます。

またビタミンEも天然型ビタミンEを使用しているため活性が高く、こちらも吸収の良い理由のひとつになっています。
それらの成分にビタミンB2、B6やアミノ酸を加える事でTCAサイクルというものが成り立っています。TCAサイクルとは炭水化物やたんぱく質を分解し私たちが活動するのに必要なエネルギー物質を産生したり代謝したりするのに重要な回路の事です。
そのエネルギー代謝に関与するのがビタミンB1等であり、このサイクルがうまく回らないと私たちの体は働かなくなってしまいます。逆にそのサイクルがしっかりしていればスムーズなエネルギー循環がうまれ、元気に過ごせるという事なのです。大切な働きをするビタミンB1の吸収が良い事はTCAサイクルの活性化に大いにつながっており、大事なポイントです。

そしてその他の特徴としては錠剤を特殊なコーティングをしているという事です。

通常は周りを糖衣でコーティングして臭い等をおさえるものが一般的ですが、シオノギBE錠は原料メーカーとの共同開発によりバリア力の強いフィルムコーティングを使用しているそうです。臭いがしないのはもちろん、酸素も通さないので酸化防止にもつながっており、糖衣でコーティングしない分小粒なので飲みやすいと思います。
もともとジセチアミンは臭いがしない成分のため、体内で吸収される際にも気になりません。1日1回で状態に合わせて飲む錠数を調整できるので使いやすくなっています。吸収の良い高濃度ビタミン剤で元気な体を作っていきましょう。


今回2つ目に紹介していただいた商品は「クイックロコ錠」というロコモティブシンドロームからくる症状を緩和できる生薬入りの鎮痛剤です。

最近はロコモティブシンドローム、通称ロコモという言葉も浸透してきており、それによる膝や腰の痛みで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ロコモは運動器の障害、脚などの筋肉の衰えからくる事が多いため軽い運動で筋肉を作っていく事が大切です。生活の中で体を動かしたりマッサージしたり、意識して行う事でロコモ対策につながっていきます。
それでも痛みがある場合に役立てていただきたいのがクイックロコ錠です。

この商品は鎮痛剤でよく使われているACE処方に、筋肉の痛みや痙攣を取る芍薬甘草湯が配合されており即効性、持続性が期待できます。鎮痛成分が複数配合されているため、それぞれの相乗効果によりしっかりした効き目を実感できると思います。
毎日予防的に飲むというよりも、痛みがあるときにだけ飲むという使い方をおすすめします。日頃シオノギBE錠等のビタミン剤やコンドロイチンを飲んでいる方、または湿布をお使いの方の補助薬として備えておいていただきたいと思います。

価格もワンコイン程でお手軽です。お出かけのお供として、いつものお薬のプラスワンとしてぜひお試しください。

クイックロコ

シオノギBE錠

ページトップへ